So-net無料ブログ作成

虹の国に行く日。。 [オカメインコ、みらくるの部屋]


みらくる隊長が旅立って49日がたちました


IMG_4516.JPG



仏教においては、亡くなったあと7日毎に閻魔大王の裁きを受け、

49日目に極楽浄土に行けるかどうかの判決が下されるという事ですが・・・・・

数日前に、おかめちっくのレイママさんから素敵な本をいただきました。


IMG_4517.JPG


虹の国の本です。。。

みらくる隊長はきっと極楽浄土ではなく、虹の国に行くはずです!

とってもとっても素敵な本で、読むと涙が止まらなくなりますが

泣きすぎると虹の国が嵐になってしまい、私の目も溶けてしまうので

注意しなくちゃ。。。

レイママさん、本当にありがとうございます!!

大切にします!!

DSCF0014.jpg
10歳くらいの時のみらくる隊長↑


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ   読んでいただき
にほんブログ村     ありがとうございます!! 
                t00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gif


nice!(11)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

真菌性皮膚炎、闘病中の話し [オカメインコ、みらくるの部屋]



みらくる隊長がオカメ星に旅だって、1か月が過ぎました。


IMG_4466.JPG


何だか、ひょっこり戻ってくるのではないか?と、思ってしまったり

鳥かごにいるような気がしたり・・・の日々を送っています。


IMG_4453.JPG


長いようであっという間の23年間でしたが、

今思い返すといつも私を笑わせてくれていました。

高齢だったので、いつかはお別れの時が来るとは思っていましたが、

まさかこのような病気でお別れになってしまうとは思いもしませんでした。

今日はみらくる隊長がかかってしまった真菌性皮膚炎の

闘病中の事をお話ししたいと思います。

真菌性皮膚炎とわかってからは、色々とネットで調べたりもしましたが

文鳥さんなどに多いという事はわかったのですが、

オカメインコで治療の前例を見つけることができませんでした。

病院の先生にもお聞きしましたがやはり珍しいとの事でした。

そのう炎などで真菌が見つかる事はあるようですが・・・

真菌性皮膚炎の闘病の記録を残すことで、

今後、長寿を目指すオカメ族の役にたてたらと思います。

おかしいなと感じたのは、実は1年以上前の事になります。

時々、毛づくろいをしながら、ギャーギャー悲鳴を上げ

ヒステリーを起こしていたのです。(のちにかさぶたが出来た所)

IMG_2305.JPG

病院に行った際は、その場所を必ず見てもらっていたのですが

何ともないとの事でした。

それと同時期くらいから、夜中に止まり木から落ちるという事が

徐々に増え、高齢で握力が弱くなっているのでは、とのことでした。

しかし、今考えるとこれも真菌性皮膚炎のせいで、夜ムズムズして気をとられ

落ちていたのではと思います。

2015年の12月に健康診断をした時も問題なく健康との事でした。

2016年1月~3月の間、鼻水が出て病院に通院し、

3月の時点で抗生物質での治療をしました。

その後、3月末ころに尾羽の異常に気が付き、病院でみてもらいました。


IMG_0002.JPG


このように、短い尾羽が飛び出してるのです。

診断は、羽の根元が折れてるかもとの事でした。

でも、今思うとこの羽の生えている部分の皮膚がすでに真菌に侵されていて

でこぼこしていたのだと思います。

そのため羽の生える向きがおかしくなっていたのだと思います。

その後も、毛づくろいでは相変わらずギャーギャーと騒いでいました。

4月の末になり、、毛づくろいしているのを見ていたら

クチバシが背中に当たるたびに、カチカチ音がしたので何だろうと思って

さわってみたら、1cm位のかたまりが出来ていたのです。

5月の連休明けに病院の予約をし、見てもらったところ腫瘍と診断され

大変驚きショックでした。


IMG_2353.JPG


ですが、電気メスで少しづつ取るという手術を受けた結果

1㎝位のかたまり、すなわちかさぶたは丸ごとボロッと取れました。

そこで、すぐに病理検査に出し、真菌性皮膚炎という事が分かりました。

このかさぶたを剥がしても出血はしませんでしたが、

皮膚が凸凹していてぐじゅぐじゅしているとの事でした。

治療は飲み薬の投与、それでだめなら注射、と言うことを先生に聞いていました。

ただ、今思うと、かさぶたは常に剥がした方が良かったのかもしれません。

真菌性皮膚炎にかかったうさぎさんのブログを見つけたのですが、

かさぶたをはがしてイソジンで消毒を繰り返す治療をしていました

そして、完治したようです。

かさぶたは真菌のすみかとなっているとか・・・。


IMG_3120.JPG


抗生物質を飲み始めてから、代謝が悪くなったせいか

尾羽のサヤが取れずストロー状になったり、オカメパウダーも

減ってしまい、羽の色が黒っぽく見えるようになりました。

抗生物質を飲むと体の中の良い菌も減ってしまうそうです・・・。

そして、6月頃からかさぶたのある方の左足が動かしずらいようで

びっこを引くようになってしまいました。

7月には、止まり木も高い方では落ちてしまったり

登っていくのが大変なようで、

ほとんど下の止まり木で過ごすようになりました。

鳥かごの外にもあまり出たがらなくなりました。


IMG_3798.JPG


そして、7月後半から注射治療となります。

注射も数分しみるようで悲鳴をあげ、本当にかわいそうでした。

真菌を倒せるのならと注射を決断しましたが、

今では本当にかわいそうな事をしたと思います。

時間を巻き戻せるなら、注射ではなく、

かさぶたをとってイソジンを選択したいです。。

かさぶたが出来てからは、体重も80gをきってしまい

73g前後でした。

食欲はあったのですが、体重は中々増えませんでした。

IMG_3426.JPG

8月に入って、かさぶたのせいで、更に羽が変な方向で生えてきてしまいました。

今思い出しましたが、、、かさぶたのせいで

フンをするのも大変だったようです。

びっこをひき始めたくらいからと思います。

1回の量がとても多いのです。

フンの状態は問題なかったのですが、踏ん張るのがつらかったようで

我慢できるだけ我慢して一気にと言った感じでした。

後、気になったことは、水を飲む量が多くなったという事です。

いつからかは明確に思い出せませんが、

一回に飲む量が、まだ飲むのと思うくらい多くなっていました。

闘病中は、毛づくろいの際に、かさぶたをかじってしまったり

変な方向で生えてきた尾羽をかじったことによる出血で

エリザベスカラーも余儀なくされました。。

IMG_2964.JPG


似合っていると好評でしたが、、

これも本当にかわいそうでした。。

最初、病院で先生に付けてもらい様子を見るという事になったのですが、

1時間くらいじっと固まって動けない状態でした。

その後、付けたまま動けて餌を少し食べられたので、

このまま家に帰り、出血箇所が良くなるまで

エリザベス生活になりました。

このころかだったかは覚えていないのですが、

眠る時に背中に頭をうずめて眠ることもなくなってしまいました。


IMG_4012.JPG


8月半ばを過ぎると、下段の止まり木でもたまに落ちたりするように

なってしまいます。

落ちてひっくり返ってしまうと中々起き上がれなくて

救助が必要になりました。

8月末には皮膚炎が悪化し、フンをすると生え方がおかしくなった

尾羽についてしまい、衛生的に良くないので、

嫌がるのを覚悟でタオルで捕獲しお尻の周りをふいてあげました。

その時見たお尻付近の皮膚は、赤くかぶれ炎症が広がっていました。

とても可愛そうでした。。。

この頃、元気もなくなってきてしまいました。

8月29日、更に強い威力の注射をうちました。

9月に入り足の付け根にも炎症が広がっていました。

9月2日病院に連れていくと脱水症状が出ているとの事でした。

体重は67gなってしまっていました。

先生と相談して、入院をして点滴などを受けながら

1週間様子をみることになりました。

IMG_4254.JPG 


9月5日、心配だったのでお見舞いに行き様子を見ることにしました。

かさぶたをすべて剥がしてもらい、皮膚に薬をぬっていました。

腎臓の機能も悪くなっていて、エサは強制給仕とペレットにのみになっていました

とても具合が悪そうでした。

その後、9月7日病院に連絡をして様子をきいた所、

体重が61gに減っているという事をききました。

事態はどんどん悪くなっていました。。

この日は仕事の為会いに行けず、そして8日木曜日は病院がお休みと

いう事もあり、9日朝お見舞いに行くことにしていました。

場合によっては、家に連れて帰ろうと思っていました。

車で病院に向かっている途中、8時30分ごろ病院の先生から電話が来て

8日の夜に、オカメ星に向かう準備のための眠りについたと、告げられました。

そして9日、我が家の庭の時空の狭間から、

オカメ星に旅立ちました。。

IMG_0008.JPG


真菌性皮膚炎の真菌はどこにでもいる菌で、健康で体力がある時は、

悪さをしないけれど、体力が弱った時などに悪さをするようです。

同じ場所を念入りに毛づくろいして、ヒステリーを起こしたり、

ぎゃーぎゃー悲鳴をあげたりしたら、要注意です。

後で抜けた羽を先生に診てもらって分かったのですが、羽もかじっていました。

私の住む街には、鳥を専門で診てくれる病院が無かったので、

車で片道2時間近くかけて病院に通っていました。

しかも北海道には1件しか鳥専門の病院がありません。

今現在、鳥ブームがやってきていると私は思っています。

今後、鳥を専門で診てくれる病院が全国的にもっともっと増えてくれたら

心強いなと思っています。

ずっと診て下さった病院の院長先生にはとても感謝しています。

一生懸命、みらくる隊長の治療の事を、考えてくださいました。


IMG_3083.JPG


とってもとっても長い記事になってしまいましたが、

もしも、みらくる隊長と同じような病気になってしまった

オカメちゃんがいたら・・・・

この記録がお役に立てばと思います。

最後は明るくしめたいので、みらくる隊長の伝説の予告ムービー

「オカメエリア51」を是非、視聴してください!!!






ありがとうございました!!


toope 200.jpg


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ   長~~い記事を読んでいただき
にほんブログ村     ありがとうございます!! 
                t00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gift00200020_0020002013599551225.gif


nice!(14)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット